ダウの崩壊と円高局面へ

お久しぶりです。

トレードは続けていましたが忙しくてブログ更新を怠っていました。

現在ダウが23300、ドル円が111.75と見立て通りのダウの崩壊と円高へと向かっていっております。

ダウに関しては26000台より、ドル円は114円台でのショートを何度も謳ってきましたが、本日ドル円のショートを利確しました。

ダウに関してはインデックスを始めるため買い場を探している状況と言っていた通り、ショートのポジションは持っていませんでした。

それではダウとドル円に関してそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

ダウの現況と今後

ダウは前回言っていた23900へと下落し、割ってはいけないラインを割ってしまいました。

これは波動でいう日足での下落波動を発生させたということになります。

日足での波動は5分や15分、1時間足における波動よりも大きくなることが普通です。また、必ず上下動を完成させるため今後かなり値幅の大きい、ボラリティの大きな相場と入っていきそうです。

具体的には22200のラインまで下落したのちに、23100辺りまで戻しそうです。

その後は今後発生する波動を見てみないと見立てすら立ちませんが、感覚的には下です。

買い場を探している私にとってはかなり我慢のいる相場となっていますが、25000辺りの時に我慢できず買っていたらと思うとゾッとします。

何度も言いますが機械損失は損ではありません。毎日取引する理由などありません。

自分のルールの中で取引する場所で取引をするのみです。

ドル円の現況と今後

ドル円に関しても今の所見立て通りに推移してきています。

長期的には依然下であると思いますが、気になる点が1つあります。

今回下落時に生じた15分足における下落の戻しが未完成であることです。(113.250)

15分足のためどうなるか分かりませんが、波動の戻しを完成させるためにまさかという動きを何度も見てきました。

よって今回も113.25までは一旦必ず戻ると見ています。(あえて必ずという言葉を用いています(笑))

また今回の下落は111.50プラスαまでと見ています。

個人投資家はこのまま110から100円台という声が大きくなってきているように思いますがどのような動きをしていくか非常に楽しみです。

 

その他

今年のFXの投資成績は資金の5倍ほどでフィニッシュしそうです。

結果だけ見れば良いですが、かなりのリスクを冒してきたことが分かる投資結果となります。

波動に基づく取引により再現性が高まってきたので来年は資金をあげてリスクを抑えてじっくり勝負していく方針です。

また、たまに日本株に関して聞かれますがダウと同様に下です。

ダウがやられればその倍やられる日経です。これから買い向かうという方は、現物のみや好業績長期保有などに限った方が良いかと思います。

ダウの日足下落波動が示すように適当に買いまくれば上がっていく相場は終わったようです。

私自身は<3323>の平均単価133の玉のみ握りつぶす予定です。

—————————————————————————————-

最近おすすめのFX口座を聞かれますが、低資金で勝負をしたい方は海外FX一択です。

口座手数料などはもちろん無料で下から登録すると3000円ボーナスが貰えるようなので是非開設してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください