【シンガポール】北京ダックをリーズナブルに楽しめるおすすめのレストラン

こんにちはトーリーです(^^)/

今回はシンガポールのチャイナタウンにあるおすすめの中華レストランを紹介したいと思います!

チャイナタウンのフード通りを歩いてなんとなく入ったのですが、なんと2年前にシンガポールに旅行した時も来た店と同じところでした。

その時もたまたま入ったので運命を感じました(笑)

味もとても美味しく、シンガポールの中ではそこまで高くないのでおすすめです!

特に、美味しい北京ダックがリーズナブルな値段頂けます(*^^*)

レストラン マンチュリアン(Restaurant Manchurian)

マンチュリアンとは?

マンチュリアンは英語で満州という意味です。

インドに住み着いた華僑からインド人に中国料理が伝わり、インド風にアレンジした料理のことを指します。

中国風のインド料理ということですが、日本人に僕には中国料理との違いが分かりませんでした(笑)

アクセス

チャイナタウンのフード通りにあります。

このお店以外にも多くのレストランが終結しているので、とりあえずこの通りに行けば大丈夫だと思います。

料理

シーフード フライヌードル

太麺で味が濃く、とても美味しかったです。

辛くもなかったので食べやすいと思います。

他にもポークヌードルも頼んだのですが、そちらは少し細麺で味もあっさりでした。

僕は圧倒的にシーフードヌードルをおすすめします!

値段は700円ほどでした。

マーボー豆腐

見た目よりも辛くはなかったですが、かなり山椒などの香辛料が効いていました。

好みが分かれると思いますが、美味しかったです。

値段は800円ほどです。

小籠包

こちらも中華定番の小籠包です。

一般的な小籠包よりも皮が厚めです。

個人的にはティンダイフォン(台湾初の有名小籠包レストラン)の小籠包の方が好みでした。

値段は6個で800円ほどです。

北京ダック

他の中華料理、僕の一押しはなんといってもこの北京ダックです。

2~3人前が2000円ほどで北京ダックを食べられます!

物価の高いシンガポールで、安いと思ったものの1つです。

ダックと野菜を包み、テンメンジャンという黒いタレにつけて食べます。

日本では気軽に食べられない料理ですので、是非シンガポールに行ったら食べてみてください(*^^*)

他にも、一羽丸ごとや皮のみなどもありました。

アルコール

アルコールもしっかりありました。

チリ産のミニボトル白ワインです。1200円でした。

シンガポールのタイガービールの大瓶が640円、缶が400円と良心的な値段です。

ハイネケンは大瓶で760円でした。

まとめ

以上シンガポールおすすめの中華料理マンチュリアンレストランの紹介でした。

今回注文した料理以外にもおいしそうな料理がたくさんあったので試してみてください(^^)/

値段としてもシンガポールではリーズナブルな方なので是非立ち寄ってみてください!

以下の記事も見てみてください。

【シンガポール】超有名なマリーナベイサンズに宿泊してみた!

シンガポール旅行~ゲイラン~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください