【日々のFX】エントリーは分割して、損切が明確な取引を行う。

こんにちはトーリーです(^^)/

ここ一ヶ月半ほど手法を変えデイトレードを試しましたが、自分にはあっていないと思ったため手法をもとに戻していきます。

デイよりも長めの見立てから取引を行っていきます。

今週の取引結果

ドル円

売り111.480→110.910 +57ピプス

売り111.740→110.910 +83ピプス

 

ドル円

買い110.895→110.795 -10ピプス

買い110.865→110.795 -7ピプス

 

合計:+123ピプス

合計1円ほど取ることができました。

最近ほとんどやられていないので、そろそろ大きく負けそうな気がするので資産管理は徹底していきたいと思います。

ドル円 売り

中期で109円後半まで落ちるのでは?という見立てですので気持ちは売りの方にバイアスがかかっている状態です。

ピンク〇の110.500付近でエントリーをしました。

バイアスは下目線で、水色の傾向ペンでなぞっているように三尊を形成しようとしているのを見てエントリーを考え始めます。

水色蛍光ペンの矢印のような形をイメージしていました。

よく三尊を見たら売りのサインですぐ売る人がいますが僕はそれだけで売ることはあまりしません。過去のチャート検証からあまり勝率がよくなかったです。

ですが今回は前々回の高値110.500で長い上髭を形成し綺麗に反発しています。

損切ラインは前回高値の110.800付近、利確ラインは山のネック付近である110.900

損益比率およそ1:2でも悪くないです。

これらから総合的に考えてエントリーすることにしました。

損切ラインが明確なエントリーは楽です。

ここで自分なりの手法なのですが、リスク管理のため一度にエントリーすることはしません

10ロットを持つ予定のときは3~5ロットでまずは様子を見ます。

そこで思ったように下落していけばそのままのロットでいきますし、逆光した場合はあるラインまで残りのロット数売りあがっていきます。

自分のエントリーに自信がないひとは是非分割してエントリーしてみてください。

今回は110.500でエントリーをし、損切ライン近くの111.700付近で残りのロット分売りあがる予定でした。

その後やはり綺麗には下落してくれず、110.700を抜けてきました。

かつてであれば20ピプスも逆行して動揺していたところですが、

エントリーするときにシナリオを持っておくことで余裕を持って対応できます。

想定通り110.740でさらに売りました。

予想に反してさらに上がれば110.800を超えたあたりで損切をすればよいだけです。

その後は前回高値の110.800を抜ききれず綺麗な下落を開始したため、利確ラインの110.900辺りで利確しました。

ドル円 買い

先ほどの取引がイメージ通りに行えたので調子に乗ってすぐにまたポジションを持ちました。

イメージとしてはピンク蛍光ペンの下落波動3波から→もみあい→反転上昇 でした。

ポジション持つときも8割方このトレードは負けるだろうなと思っていましたが、

損切ラインが明確なこと(もみ合いをぬけた110.800で損切)と反転すれば大きく取れることからエントリーしました。

損益比は十分です。

ですがあっさり下落を再開し損切させられました。

過去のチャートを検証したときに、下落からの底値でのもみ合いは再度下落、上昇からの高値でのもみ合いは再度上昇が多いことを忘れていました。。。

今後このような形でエントリーするときはもみ合いではなく急な反転で入るようにします。

まとめ

以上先日の取引結果でした。

来週もドル円は下げ目線のバイアスとともに取引を行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください