留学中に日本人と絡むことが良い例と悪い例。悪い例への対処法

今回は留学中に日本人と絡むことは良いのか悪いのか?について自分なりの考えをまとめていきます。

留学すると必ず一度は考える問題だと思います。

よくネットなどでは絡まない方が良いと言われていますが実際のところどうなんでしょうか。

また対処法についても紹介していきます。

まずは留学の目的を考える

僕の意見としては、人によって正解は異なるということです。

留学の目的は人それぞれですが、英語を話せるようになりたい、外国人の友達を作りたい、日本人の気の合う友達を作りたいなどが多いと思います。

僕はマレーシア留学での目的は英語を話せるようになることと、日本の大学で全く勉強する癖がなくなっていたので勉強する癖をつけることでした。

留学の目的が思い浮かばない人は、どんなに小さくてもいいのでしっかりと目標を持ってから行くことを強く勧めます。

日本人と絡むことが目標を達成すために必要かを考える

意外と日本人と絡むことが悪くない目標例

外国人の友達を作りたい場合

え?と思った方も多いでしょう。日本人と多く絡んでいても外国人と友達になることはできないと思いますよね。

それは半分正解で半分間違えとなります。

既に語学学校にいる日本人は外国人の友達もいる場合が多いです。

なのでいきなり外国人に英語で話しかけて友達になるのは難しいと思う人は、まずは日本人と仲良くなってそこから外国人と知り合うのも悪くないと思います。

もちろんどんどん話かられる!という素晴らしいメンタルの人はそっちの方が良いと思います!

英語を話せるようになりたい場合

英語を話せるようになりたい場合も一般的には日本人と絡むのは良くないと言われていますね。

ですが、僕はまったくそうは思いません。

目標はあくまで英語を話せるようになることです。そのためには英語を話すことが近道となります。

なので日本人と絡んでいても英語を用いて会話をすれば全く問題ないのです。

むしろ自分よりも英語力の高い日本人と英語で会話することはかなりよい練習になります。日本語ではこう言うけど、英語ではなんて表現するのか分からないときって多いですよね。

相手が日本人で英語力が高い人であれば、そのうまい言いかえを知っていることが多く勉強になります。

目標が英語を話したいであるときに、日本人と絡むということは悪いことではないのです。悪いのはあくまで日本語を使うことです。

外国人の友達であっても、日本語がしゃべれて日本語で会話していたらそれは(目標にとって)悪になります。

ここを誤解しないように気を付けましょう。

日本人なのに英語で話すのは,,,とか思う人も多いかもしれませんがここは日本ではないのです。

留学先の語学学校にいるということは英語を少なからず上達させたいと思っている人たちなので全然問題ないです。

それでもやっぱり恥ずかしいと思う人は日本人とは極力絡まないようにした方がいいでしょう。

日本人と絡んだほうが良い目標例

気の合う日本人の友達を見つけたい、現地で働きたい場合

ここでいう気の合う友達とは、単に話が合う友達という意味ではありません。

例えば、マレーシアの語学学校に留学後にマレーシアでインターンシップ、最終的にマレーシアで働くことを考えているとします。

インターンなどで職場を探す場合にはコネが強力な力になります。

語学学校にいる日本人と仲良くなることで、現地で働いている日本人の人を紹介してもらえるケースなどが多くなります。

このような場合は日本人とも積極的に絡んだほうが良いことになります。

外国人とお互い第二言語を用いて短期間のうちに、コネや職場を紹介してもらえるのはかなり難しいです。

海外に行くと感じますが、やはり同じ日本人の方がより親身になっていろいろ助けてくださることが多いです。

日本人と絡む最悪のパターン

僕が思う日本人と絡む最悪のパターンは

  • 短期留学
  • 目標は英語を話せるようになること
  • 自分の英語力の低さから日本人と日本語で絡む(居心地が良いため)

これが最悪ですね。

目標と行動が全くかみ合っていません。

ですが留学中に多くの人がこのような状況に陥ってると思いました。

なので自分なりに対処法を紹介したいと思います。

最悪なパターンを避けるための対処法

まず何故このような状況に陥るのか考えてみます。

言いたいことが言えなかったり、相手の言っていることが分からないと自分の英語に自信が持てなくなるんですよね。

特に英語を話した後に相手から、は?と言うような表情をされたりしたらますます英語を話したくなくなります。

僕も何度も経験があります。

そこで日本人と日本語で会話したときにその居心地の良さに逃げてしまうのです。

ですが日本人と日本語で絡む居心地の良さに逃げたら、留学にかけたお金・時間を無駄にすることになります。

辛いですが、たった1ヶ月や2ヶ月です。

どんなに辛くても日本に帰ればその辛さは綺麗さっぱりなくなります。

普段の日常には全く関係しないものとなります。

辛い経験は自らを成長させてくれます。そんな自分を成長させてくれる経験がノーリスクで(日本での日常には関係しないので)経験できる貴重なものと考えましょう。

また留学の目標を明確にすることも大切ですね。

英語を上達させるために留学に来たんだ!という強い気持ちがあれば、そんな辛さは小さなものとなります。

むしろ英語学習へのモチベーションへとするべきでしょう。

言いたいことが言えなかったなら、その後に表現を調べてインプットをし次の時に使えばいいのです。

相手の言っていることが分からなかったなら、その場でわかるまで聞き返すか、留学中にリスニングの練習を死ぬほどすればいいだけです。

英語を話したときに何て言っているか分からないと言われれば、どう言えば伝わるのか聞くか、単語のストレスを置く位置が間違っていなかったか後で調べればいいだけです。

英語なんて僕たち日本人にとっては第二言語であり、習得していく過程では誰もが通る道だと思います。

英語をしゃべれるようになる人と留学しても全然上達しない人の違いは逃げるかどうかだけだと思います。

辛い経験はすべてモチベーションに、第二言語なので間違いまくって当たり前、伝わらなくても当たり前と思って学習を続けていくことが近道なのかなと思います。

【ネイティブ英会話教師に聞いた】日本人が英語を話すときに大切なこと3つ

僕自身、初めてアメリカに行ったときは何度も心折れそうになりました。

でもそこで学習を辞めてしまわずに少しでも続けてきたことで、旅行で困らず日常会話くらいはできるようになってきました。

まとめ

  • 留学の目標によって日本人と絡むことの意味は変わる
  • 英語を上達することが目標なら日本人と日本語を使うことに逃げない
  • 辛い経験をモチベーションに変える強いメンタルを持つ

僕自身、英語学習の真っ最中ですが、これから始めて留学をするという人に少しでも参考になれば嬉しいです(^^)/

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください