FX取引結果~レンジブレイクのだましと節目反発~

 

久々のトレード記録です。

マレーシア留学中もFXのトレード記録を書く予定でしたが予想以上に忙しく書けていませんでした。

本日久しぶりに取引を行ったため備忘録として残したいと思います。

リハビリの意味も込めてロット数は通常の10分の1で行いました。

トレード結果

GBP/JPY: 142.850 売り → 142.500 利確

プラス35ピプス

合計:プラス35ピプス

通常通りのロットで行っていればと一瞬思ってしまいましたがリスク管理ができていた証拠なので良しとします。

取引詳細 GBP/JPY 売り

エントリー

ポンド円15分足

 

前々回の取引同様にレンジブレイクのだましを利用した取引を行いました。

日々のFX記録 2018.8.3

レンジ上限の142.850を抜けて節目の143.000に到達した後に勢いよくレンジに戻ってくる展開となりました。

レンジブレイクのだまし+節目で反発と自分の取引スタイルでしたのでエントリーを考え始めました。

143.000をもう一度抜けていけば損切り、利確想定ラインはレンジ下限の142.500と損切利確ラインも明確でしたので、142.850でエントリーすることに。

前回の反省通り、損益比1:2を確認しました。

5分足で見ても戻りが急(勢いが強い)だったのでためらわず入りました。

利確

今回は夜のトレードのため指値(142.500)を注文していました。

赤丸が利確された位置です。

今回は見立て通りに動いたのであまり反省ポイントはないですが、指値ではなく裁量で利確をしていたら次の上昇での利確もありでした。

目標の利確ラインに到達した後に下値を切り上げていっている位置です。

結果的に142.500よりも利益は減りますが、取れるときに大きく負けるときは小さくが今のルールですのでそうするべきでした。

今後も裁量取引の時は、想定利確ラインに到達した場合に一山の戻りを見てみてから利確するように心がけます。

まとめ

・損切は躊躇せず、利確は耐える。
・エントリー時に損益比を確認。

この二つを徹底して損小・利大取引を確実に行っていきます。

次回からは少しずつ元のロット数に戻しながら取引していきます。

うまくいったときの取引は、負けた時よりも得るものが少ないことをブログを書くことで再確認しました(笑)

以下の記事も参考にしてみてください。

最悪なエントリーと利食い(備忘録)

日々のFX結果 2018.8.3

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください