マレーシアの語学学校English Language Company(ELC)の初日

 

 

こんにちはトーリーです!

今日はマレーシアの語学学校ELCの初日について紹介していきます。

これからELCに入学する人の助けとなればと思い書いていきます。

 

ELCの初日

9:00〜9:30 入学手続き・写真撮影

受付で入学手続きを行った後、写真撮影が行われます。

写真撮影といってもiPhone で一枚撮るだけなのですぐ終わります。

プレースメントテスト

クラス分けテストが行われます。

内容は文法選択問題、語句穴埋め、英作文とスピーキングテストが行われます。

レベル以上のクラスに入っても意味がないので、特にこの対策をする必要はないと思います。

スピーキングテストでは、マレーシアでの生活に問題はないかや大学で学んでいる事など基本的なことを先生と話すことになります。

僕は寮の部屋の電気がつかなかったので、治してもらうように言いました。何か問題がある人は、ここで伝えればよいと思います。

その日のうちにちゃんと治してくれていました。

クラスは以下の4つに分かれています。

・Upper intermediate 

・Intermediate 

・Pre-intermediate 

・Elementary 

8割5分くらいの感覚でUpper intermediateでした。

上二つのクラスは10時半から授業、下二つのクラスは8時半からの授業みたいです。朝がどうしても苦手な人はテスト頑張りましょう!

テストを受けた後は(時間つぶしの)マレーシアに関するクイズをみんなで行いました。

 

新入生でランチ

新入生みんなでランチに行きます。

夏休みということもあり、新入生は日本人が多かったです。

5人が日本人、2人が韓国人、1人がフランス人でした。日本人が多いですが、流暢な人が多く会話は基本的に英語で行う雰囲気だったのでとても良かったです。

日本人と思っても英語で話しかけるのがよいと思います。

年齢層は10代から50代まで幅広かったです。

 

休憩時間

初日は授業までかなりの時間があるので、誰かとぶらついたりラウンジスペースで話しかけたりしたら良いと思います。

新入生は日本人が多かったですが、学校内にはかなり多く中東から来たアラビックの人が多いです。

基本的にみんなめちゃくちゃフレンドリーです!

初授業

午後から二つの授業を受けることになります。

基本的に午前はクラス別、午後は選択別の授業となります。

選択クラスは以下の4つです。

・Academic writting

 ・business class

・IELTS対策

・Comprehensive English

IELTSというのはイギリス版TOEICみたいなものらしいです。

マレーシアの大学やイギリスの大学などに進学を考えている人はIELTSのスコアが必要みたいです。

僕はビジネスクラスを受けたのですが、内容がビジネスすぎたので(当たり前ですね笑)writing classに変えてもらう予定です。

簡単に変えることができるので、合わないなと思ったらすぐに先生かスタッフに伝えましょう。

 

ELCについて

クラスにもよると思いますが、想像していたよりも周りの英語力はかなり高かったです。

英語を使うことが苦ではない人が多く、日本人同士でも英語で話しかけられることが多かったです。

先生もネイティブの先生が多い印象でした。

以上ELCに行こうか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

質問などあればコメントやお問い合わせからどうぞ!

以下の記事も参考にしてみてください。

マレーシアの語学学校English Language Company(ELC)の一日

語学留学にエージェントは不要?費用を抑えるため絶対行いたいこと

なぜマレーシア留学?現地の人に聞いたマレーシアの英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください