マレーシアでのおすすめニョニャ料理!手軽に現地の味を楽しめるレストラン

 

こんにちはトーリーです(^^)/

今回はマレーシアで人気なニョニャ料理を楽しめるお店を紹介したいと思います。

値段も安く味も日本人の口に合うのでおすすめです。

ニョニャ料理とは?

ニョニャ料理とは中華系とマレー系、インド系が融合した料理のことを指します。

民族的に多様なマレーシアを象徴するような料理となっています。

中華系と多民族の混血の女性を「ニョニャ」と呼ぶため、ニョニャが作る料理なのでそのままニョニャ料理と呼ばれるようになったようです。

味は融合料理らしく甘いような辛いような、なんとも説明しがたい味ですがとても美味しく日本人の口にも合うと思います。

 

ニョニャ料理を手軽に楽しめる「ニョニャカラーズ」

チェーン店「ニョニャカラーズ」で手軽に楽しめます。

その名の通り、ニョニャ料理専門のレストランです。値段もお手頃で味もおいしいですよ。

僕はこの「ドライカレー ミー」を頼みました。麺のことをミーと呼ぶみたいです。

金額は11RM(=300円)ととても安かったです。

味は辛いのですがどこかクリーミーで濃厚でとても美味しかったです。具材はチキンと豆腐が主に入っています。

どれを頼むか迷ったら是非試してみてください!

マレーシアで有名なナシレマ。マレー語で「リッチなご飯」という意味らしいです。

これも日本人の口にも合うと思います。

他のメニューも値段は同じくらいでした。随時写真を足していきたいと思います。

朝8時から10時まではモーニングもやっているみたいです。

ニョニャカラーズを楽しめる場所

観光客が訪れやすい場所としては次の2つだと思います。

ベルジャヤ タイムズスクエア店

lmbi駅すぐそばにあるベルジャヤタイムズスクエアの地下一階にあります。

マレーシアでは、日本でいう一階をG階(=グランドフロア)、地下のことをLG(=Lower Ground floor)と呼ぶので注意しましょう。

ブキビンタンからも徒歩数分です。

スリア KLCC店

こちらはKLCC地区のペトロナスツインタワーすぐそばにあります。

一度は必ずこの地区に行くと思うので候補に入れてみてください。

 

まとめ

今回はマレーシアの郷土料理「ニョニャ料理」を気軽に楽しめるレストランを紹介しました。

中華料理・インド料理などは日本でも食べられますが、ニョニャ料理はなかなかないと思うので、マレーシアに来た際には是非食べてみましょう。

他にもニョニャ料理の良いレストランがあれば追記していきます。

以上カップルや女子だらけのお洒落カフェからぼっちでお届けしました(´-`).。oO

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください