日々のFX結果 2018.8.3

 

こんにちはトーリーです。

ここでは自分のトレード能力向上のために、備忘録として手法や日々の取引について公開していきます。

なぜ公開するのかというと、自分の手法やロジックの甘さをうすうす感じていて、これからも稼ぎ続けることができるはずがないと感じたためです。

ここに公開することで中途半端なトレードをしない、またはルールを厳守できることができると思いました。

現段階では、資産20万から70万ほどまで増やすことができていますが、その中では損切ができず祈るような取引も何度もありました。

なので、ここで日々の取引を記録することによりより厳しいルールをもとに取引を行っていこうと思います。

それに伴い、取引法も変わるのでパフォーマンスも落ちるかもしれませんが、トレードルールを守ることを優先していきたいと思います。

取引結果

早速8/3(金)の取引結果を公開していきます。

3日は一回のトレードのみとなりました。

2018 8/3(金)

見立て

見立てとしては、トレンドラインを引いていますように下目線でした。

よってデイトレードとして取引する上でも、売りで入れる場面があれば入りたいという感覚です。

もちろんこの見立てはトレンドラインを引いたといっても、独断と偏見によるもので正しいわけではないので、違えば目線を柔軟に変えることを意識しています。

ですが、まだまだ自分のチャートに対する偏見が強く、固執してしまい失敗することが多いので、要改善です。

具体的なトレード

 

結果

売り:111.725→111.450 +32.5ピプス

損切ライン:111.900辺り

結果としては30ピプスほど取ることができましたが、利食いに関しては反省です。

エントリーについて

チャートを見たときに、111.750に線を引きました。

見ての通り、レンジの抵抗帯となっているラインですね。

先ほどの見立てで話したように、見立ては下目線ですので、売りのタイミングを狙っています。

見ていると、ピンクの丸のところで111.750の抵抗を破って111.850まで上げたのちに、また111.750を割りレンジ内に戻ってきたことを確認し、売りで入る準備をしました。

これは一般的に「レンジブレイク」と呼ばれる手法を利用した私なりの手法の1つです。(用いているトレーダーの方も多いと思いますが。)

レンジブレイクと言えば、FXのほとんどの本に載ってある有名な手法です。

レンジブレイク手法とは、レンジ相場の上限、または下限を越えて、相場が一気に一方通行の動きととなる事を利用した手法の事。

僕も当社はこの方法を本で知り、得意げに使ってましたがパフォーマンスはかなり悪かったです。

そりゃそうですよね(笑)初心者でも誰もが知っているような手法で簡単に勝てるほどFXは甘くなかったです。

なので、過去のチャート検証から、僕はこの手法を利用した逆の取引を多く行います。

長くなるので、手法に関しては違う記事で詳しく書きます。

見立ては下目線、111.750の抵抗帯を何度も抜けられず、その後で抵抗帯をレンジブイレクしたのちにすぐにレンジに戻ってきた。

これらからピンクの一個目の丸から売りエントリーを考えました。

その後小動きが続き111.750を越えなかったので111.725で売りを入れました。

損切は直前高値111.868を考慮して111.900に入れました。

損切されても17.5ピプスほどでリスク管理としても悪くないと思いました。

利食いについて

利食いは二個目のピンクの長丸にて行いました。

前回安値の111.350を抜けらなかったため行いました。

しかしこの判断は正しかったのか疑問です。

結果論になりますが、次回への糧とするため分析を行います。

利食いを行った後に、15分足で111.350を明確に抜ける展開となりました。

前回安値を越えられないためすぐに利食いしましたが、111.500を越えレンジ内に戻って利食いをすればよかったと反省です。

どこで利食いするべきだったか?

後になってチャートを見ると、三個目のピンクで利食いを行えるようになりたいと思いました。

なぜかというと、トレンドラインを引いているように、111.125辺りから反転したのちに下値を切り上げ(111.200辺り)ています。

最安値の111.125で利食いをするのは、偶然以外無理ですが111.250で利食いは行えていたと思います。

また、結果としては緑の矢印の通り、波動により綺麗に3波の下落波動が生じています。

反省

まだまだメンタルが弱いため、利益が減る恐れから利食いを急いだ。

→最低でも一回の戻りを見てから利食いを考える。

エリオット波動3波の意識をする。

まとめ

結果としては今回は逆レンジブレイクが綺麗にはまり、30ピプスほど取れましたが損切をされることも多々あります。

それに関してもすべて取引を公開していきます。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください