初心者が勝ち組トレーダーになるまでのFX講座【第2章】

こんにちは、医学生兼FXトレーダーのトーリーです。

初心者が勝ち組トレーダーになるまでのFX講座【第二章】は、

FXの重要単語についてです!

FXってなに?って方は第1章から読んでください。初心者が勝ち組トレーダーになるまでのFX講座【第1章】

本やまとめサイトなどでは多くの単語の説明がされていますが、今回も全てを紹介することはしません。

実際に、僕が取引するのに必要だと感じてきた知識を中心に紹介します。

FX重要単語

FXを始めるにあたり絶対に知っておいたほうが良い単語について説明していきます。

pips (ピプス)

細かく話すと難しく感じますが、そんな知識はトレード必要ないのでざっくり説明します。

ドル円やユーロ円の時1銭のことを1pipsと呼びます。

でっかく言ってみましたが、頭で理解するよりも感覚で理解した方が早いと思うので、画像で説明していきます。

左に大きい文字で111.05とありますよね。この一番右の数字を基準としてみていきます。

111.05が111.09になったら4pips動いたと表現します

111.05が111.15になれば10ピプス動いたという風に表現していきます。

これさえ知っていれば慣れていくので大丈夫です。

単に1銭のことを1ピプスと呼んでいるだけなので、銭で数えてもいいですが、色んな所でピプスは出てくるので是非覚えてください。

画像を見てすでに気づいた人もいると思いますが、左に111.058,右に111.061と微妙に違う数字が並んでいますよね。

これはスプレッドといわれるものです。

スプレッド (spread)

スプレッド(spread)とは「広がり」という意味を持ちます。

どういう広がりかというと、Bid:売る時の値段(売値)とAsk:買う時の値段(買値)の違いです。

この値段の違いがFX業者の利益となります。

画像を見ると、売値の方が安く、買値の方が高くなっていますね。

真ん中の0.3という数字がスプレッドの差を表しています。

0.3pipsの広がりがあるということです。

なので、買ってすぐに売った場合は、111.061で買って111.058で売ることになるので、

0.3pips分損出がでるということです。

スプレッドの関係で取引をした瞬間、マイナスから始まることになるので、慌てないようにしましょう。

画像の下のユーロ円では0.5となっているようにスプレッドは通貨ペアによって異なります。

また、スプレッドはFX業者によって異なるということです。

もちろんこのスプレッドは小さければ小さいほど良いですよね。

僕はスプレッドの小さい、外為ジャパンを使っています。



他にも、僕は使ってませんがSBIもスプレッドが小さいみたいなのでおすすめです。

ロット (Lot)

ロットとは取引単位のことです。

1ダースは12本というように、1ロットは1万通貨を表します。(国内の多くのFX業者では)

1万通貨とはどういうことでしょうか。

ドル円1万通貨  →1万ドル

ユーロ円1万通貨→1万ユーロ

ポンド円1万通貨→1万ポンド

というようになります。

1万通貨は1万円分の通貨という意味ではないので注意です。

ロットも詳しい知識を知る必要はないです。

ロットてのは単位のことで、日本では1ロットは1万通貨を表すくらいで十分です。

それよりも大切なのは実際の取引に直結するこれからの話しです。

これも単純なので大丈夫ですよ。

ロットと値動きの関係

FXでは、どちらも同じですが、

「1ロット、ドル円買った」や「1万通貨分ドル円買った」と表現することが多いです。

では実際に1ロット(1万通貨分)ドル円を買った時どうなるのか見てみましょう!

値動き × 取引通貨 = 利益(損出)額です。

100円で買って101円で売った場合

1円×1万=1万円

よって1万円分の利益となります。もっとみていきましょう!

100円で買って99円で売った場合

1円×1万=1万円

ここでは高く買って安く売っているので、もちろん損出となり額は1万円です。

それでは5ロット(5万通貨)で取引したときを例にしてみます!

100円で買って101円で売った場合

1円×5万=5万円

5万円分の利益となります。

最後に、0.1ロット(1千通貨)で取引したときを見ていきましょう!

100円で買って101円で売った場合

1円×1千=1千円

千円分の利益となります。

このように同じ値動きであっても、取引するロットによって額が大きく変動します。

なので、どのようなロットで取引をするかによって投資結果は大きく変わるということを覚えておきましょう。

また、自分の資金に対して見合ったロットで取引をすることを資金管理といいます。

僕はFXでは資金管理が最も重要と思っています。

実際のトレードに大きくかかわるのでここはしっかり理解していきましょう!

具体的に初心者におすすめのロットは?資金は?

おすすめのロットは?

まずは絶対に0.1ロット(1000通貨)などの低ロットで始めることです。

1円動いて1000円の利益あるいは損出です。

FXをギャンブルではなく投資とするには資金管理が最も重要です。

とは言っても僕もいけると思った時はハイリスクをとったりします(笑)

でも最初は絶対に低ロットでやってみましょう。

僕は最初のころ、これを実行せずに大きなロットでアドレナリン放出しながらやって失敗しました(笑)

これを読んで同じ失敗をする人が減れば嬉しいです。

FXはロット次第で、投資にもギャンブルにもなります

最初は買っても数百円、数十円でつまんないかも知れませんが慣れるまではそれで学ぶべきです。

自分の大切な資産を無駄にしないようにしましょう。

初期資金は?

投資の世界で、資金というのはあればあるほど有利です。それが資本主義の仕組みです。

僕は15万円でスタートしましたが、余裕のある方はもっと入金すればよいと思います。

但し、資金が多い場合でも、実際の取引は千通貨からスタートするようにしましょう。

とはいっても、いきなりそんな大金FXに入れられる訳ないという人もいると思いますので、

5万円くらいからスタートして0.1ロット(1000通貨)で始めるのをオススメします。

第三章でお話ししますが、あまりに資金が少ない場合はロスカットの危険性も高まりますので、まずは資金を作ってから始めましょう。

それまではチャートを見たり、Youtubeやネットで勉強するのが良いと思います。

これまで第1章と2章ではFXを始めるまでの知識についてお話してきました。

次回では実際にどのように取引をするのか説明していきます。


にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください